COS (China Operating System) Desktop をインストールしてみた

你好!クララオンライン中国技術部の江本です。

中国産OSフリークの皆さん(?) はすでに行われているかと思われますが 、今回は中国政府公認OS “COS” (China Operating System) Desktopのインストールを行いました。
2014年1月に中国政府公認OSとしてISCAS (中国科学院ソフト研究所)と上海ネットワークコミュニケーションテクノロジー社で共同開発のCOS(China Operating System)が発表されました。「Windows、iOS、Androidのセキュリティに問題」があるとして、「高いセキュリティ性を持った」中国国産OSとの発表でしたが、インターネット上の中国ユーザーの反応は「Copy Other System」、「COS play OS」(物まねOSかな?)などと散々な言われ方をしています。
今回はこちらのDesktop版(試用版32bit)をVM上で実際に動かしてみたところの紹介になります。

※画像はクリックすると拡大されます。

では、インストールから開始します。
Disc 16GB、Memory 2GB、CPU 2コアで開始します。
インストールメディアを入れた直後の画面。

Enter キーを押しインストールメニューを表示させます。
cosdesktop1

起動直後の画面です。
「案装COS Desktop」をダブルクリックするとインストールの開始です。
cosdesktop2

今回はインストール中の使用言語をEnglish で行います。
cosdesktop3

HDDに8.6GBの空き容量とInternet 接続環境が必要要件ですね。
cosdesktop4

HDD全ての消去を選択してインストールを続けます。
cosdesktop5

ロケーションを選択します。今回はHarbinです。
cosdesktop6

キーボードタイプを選択します。「Japanese」があったので今回はこちらを選択。
cosdesktop7

User名とComputer名、パスワードを入力しいよいよインストール開始です。
cosdesktop8

インストール中の画面です。
cosdesktop9

開発途中のためかChromeの表記が残ってますね。
cosdesktop10

KingSoftのWPSが入っているようですね。
cosdesktop11

30000のFree APPに対応しているらしいです。Google Earthなども書かれていますが。
cosdesktop12

インストール終了後に再起動を促されます。
cosdesktop13

インストールメディアを取り外しENTERを押します。
cosdesktop14

ログイン画面ですね。
cosdesktop15

無事インストールが完了し、歓迎使用COS Desktopが表示されます。
cosdesktop16

左下の「菜単」がメニューですね。
cosdesktop17

「終端」がTerminal です。中身はUbuntu ベースのようですね。
紅旗Linux はRHEL系でしたね。
cosdesktop18

初期状態では22ポート、139 ポート、445ポートが空いてますね。
cosdesktop19

iptablesもがら空きですね。
cosdesktop20

Tera Term等で普通にssh接続が可能です。
cosdesktop21

GUIからFirewallの設定ができます。
cosdesktop22

とりあえず22番ポートをブロックしてみます。
cosdesktop23

スリープ画面です。
cosdesktop24

Firefoxを立ち上げてみました。
cosdesktop25

「系統監視器」です。Windows でいうタスクマネジャーでしょうか。CPU使用率が結構高いですね。
cosdesktop26
cosdesktop27

apt-get update、apt-get upgrade を行ってみます。
cosdesktop28

この後rebootしたところ起動できなくなりました。
今回はここまで!

というのは冗談で、「更新管理器」というものを使用して更新を行うようです。この辺が「高いセキュリティ」ということなのでしょうかね。(再インストールしました。)
cosdesktop29

「小程序」というのがアプリケーション管理システムのようですね。今は164個の登録があるようです。
cosdesktop30

お天気アプリが一番人気でした。
cosdesktop31

試しにインストールしてみました。
「萩取更多」から選択し画面下部のInstall をクリック。
cosdesktop32

「己安装」より対象app を選択し、画面左下の「Add to panel」をクリック。
cosdesktop33

その後、画面下部の「Configure」をクリック。
cosdesktop34

「Get WOEID」をクリック。
cosdesktop35

外部サイトに飛ばされるので、画面左部のSEARCH欄にBeijingと記入し、コードを入手します。
cosdesktop36

先ほどのコードを張り付けて、画面を閉じます。
cosdesktop37

画面下部に天気情報らしきものが出てくるのでそれをクリックすると、
cosdesktop38

無事にインストールが出来ましたね。

さて、一通り弄ってみましたがいかがだったでしょうか。
試用版ということもあり「高いセキュリティ」については、疑問がのこります。

中国のデスクトップ市場はWindows 7、Windows XPが大多数で、残りがMac OSで占められている現状で、今後のCOSの動向が気になりますね。

モバイル端末も手に入ったら今後紹介したいと思います。

では、再见!

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

CLARA ONLINE 中国

CLARA ONLINE 中国