.hiphopドメインを取ろう!(1) gTLDが増えた

こんにちは。
グローバルソリューション事業部の吉村です。

 

新gTLD(Generic Top Level Domain)の話です。

2014年、世界は大gTLD時代に突入しています。

今回の目玉は何と言っても、「.hiphop」ドメインです。IT業界にB-BOYが多いのは、皆さんご存じだと思いますが、都内のクラブなどでもよくIT談義に花が咲きます。

それでは .hiphop ドメインの誕生を祝して、これから数回にわたって、私が .hiphop ドメインを取得するための記事を書いていきます。

 

1.新gTLD とは

gTLD はもともと7個しかなく、2000年台に15個追加された経緯があります。

トップレベルドメインを管理しているICANNという組織は元々あまりgTLDを増やすことには前向きでなかったようです。

しかし、2012年に大きな契機があり、条件を満たせば好きなgTLDを作れるようにICANNが方針転換したところ、なんと1300以上のgTLDが誕生するハイパーインフレが起こりました。

以下のJPNICの説明を読んでいただくととても分かりやすいです。

「新gTLD -JPNIC」
https://www.nic.ad.jp/ja/dom/new-gtld.html

また、ICANNのサイトでは、申請中の gTLD や既に承認済みの gTLD が公開されているので、見てると楽しいです。

「NEW GTLD CURRENT APPLICATION STATUS」
https://gtldresult.icann.org/

gTLDが増えることで色々と問題が起こりうるとのことですが、おかげで今回の .hiphopドメインが生まれたので結果オーライでしょう。

また最近だとテレビCMで .tokyo ドメインの宣伝を見かけますが、今後は大企業とかが自分たちのgTLDを利用したテレビCMとかやってくれるんじゃないかと期待しています。

 

2..hiphopドメインってもう取れるの?

残念ながら、今のところ(2014年7月現在)、私のような一般人はまだ.hiphopドメインは取れません。

誰でも .hiphop ドメインが取得できるのは、2014年9月4日 01:00 (JST) からです。

というのも新gTLDの取得には、取得できる順番があり、一般の人が好き勝手に文字列を取っちゃうと、その文字列の商標権保持者と揉めちゃうので、まずは商標権保持者を優先しようとする優先期間があります。

新gTLDに Sunrise と書いてある場合がこれにあたります。

.hiphopドメインは2014年8月20日までが Sunrise 期間なので、それが終わって、2週間程で一般公開という運びです。

・・・・・・先が長いですね。

この連載自体、とてもスパンが空きそうな予感がしますが、情報のアップデートがあればちょいちょい書いていこうと思います!

 

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

吉村

吉村

クララオンライン グローバルビジネスストラテジー部でマーケティング担当として働いています。 クラウド関連技術と中国関連の情報をお届けしてます。 たまに DJ とかします。日本語RAPが大好きです。