Zocalo襲来

お疲れ様です。ソリューションビジネスグループ國分です。

ownCloud7にupgradeに失敗したサーバを横目で見つつ、今回はフランクな感じのネタで行きたいと思います。

 

今回のお題

  • ownCloudと他サービスとの機能比較
  • ownCloudと他サービスとの使い分け

 

とか、思っていたら、

黒 船 が や っ て き た!

 

<Amazon Zocalo>

http://aws.amazon.com/jp/zocalo/

zocalo

 

笑ってる……笑ってるよ、こいつ。ものすごい余裕を感じる。

7月10日に発表されたサービスのようです。

 

 

い、いや、まだわからないです。Zocaloのサービスの内容を確認してみましょう。

 

Zocaloサービス及び料金

http://aws.amazon.com/jp/zocalo/pricing/

 

  • 1 ユーザーあたり USD 5 ドル /月
  • ユーザーごとに 200 GB のストレージが含む
  • 最大 50 ユーザーまで、1 ユーザーあたり 200 GB のストレージが含まれる 30 日間の無料トライアル
  • ユーザーに対して 200 GB を超えるストレージが必要な場合は、追加のストレージに以下の料金が課金

1 ユーザーあたり 200 GB を超える追加ストレージ

料金範囲 追加の 1 GB あたりの価格
最初の 1 TB/月 USD 0.0300
次の 49 TB/月 USD 0.0295
次の 450 TB/月 USD 0.0290
次の 500 TB/月 USD 0.0285
次の 4,000 TB/月 USD 0.0280
5,000 TB/月以上 USD 0.0275

 

江戸時代の人が蒸気船見た時、こんな気分だったのでしょうか。

ちょっと有名どころのオンラインストレージと比較してみましょう

 

Dropbox料金プラン

https://www.dropbox.com/pricing

ベーシック 2G        無料

プロプラン 100G     ¥1,200/月   

ビジネス  無制限  ¥1,500/月   ユーザー/最小 5 名

 

box料金プラン

https://www.box.net/ja_JP/pricing/

Personal  10GB   無料

Starter   100GB  ¥600/月   ユーザー/1 ~最大 10 名

Business  無制限  1,800/月  ユーザー/5 名以上

Enterprise 無制限  4,200/月  ユーザー/カスタマイズ

 

 

Zocalo、安いですね……

ただしZocaloが主に対象としているのは、「Amazon WorkSpaces」のユーザであるようです。

 

<Amazon WorkSpaces>

http://aws.amazon.com/jp/workspaces/

 

「Amazon WorkSpaces」ユーザーには、

一人あたり50GBのZocaloストレージ容量が無料で提供され、

さらに月額2ドルの追加料金を支払えば、

ユーザーのストレージ容量を200GBにアップグレードすることができるようです。

 

Zocaloの ターゲットが「Amazon WorkSpaces」ユーザーというのは、

2014/7/10時点でZocaloを利用できるリージョンが「Amazon WorkSpaces」と同じリージョンということからも伺えますね。

しかし、そのうち、日本(東京)リージョンでも使えるようになるのでしょうね。

 

それでは今回はこの辺で。

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

吉村

吉村

クララオンライン グローバルビジネスストラテジー部でマーケティング担当として働いています。 クラウド関連技術と中国関連の情報をお届けしてます。 たまに DJ とかします。日本語RAPが大好きです。