「○○aaS」がどれだけあるのか調べてみました。

こんにちは。

グローバルソリューション事業部の吉村です。

 

AAS

 

昨今のクラウドサービスで   「○○ as a Service」  って多いですよね。

 

ASPと言われるより、「○○ aaS」と言った方が自然なくらい、市民権を得た表現だと思います。

 

そこで今回は、  「○○ as a Service」 がどれくらいあるか を気になったので調べてみました。

 

 

 

1.汎用的な使い方

 

困った時の wikipedia ファーストです。

まずは、汎用的なものを調べました。

Everything as a Service  に記載があったものと、その他すぐに出てきたものがこちらです。

Analytics as a Service AaaS 統計、解析
Backend as a Service BaaS  ユーザー認証、位置情報サービス、プッシュ通知など
Backup as a Service BaaS バックアップ
Communication as a Service CaaS 通信、ビデオ会議、WEB会議など
CI as a Service CI-aaS CI(継続的インテグレーション)、
Data as a Service DaaS データ全体
Desktop as a Service DaaS デスクトップ環境
Database as a Service DBaaS データベース
Everything as a service EaaSXaaS ○○aaS全体の総称、概念のこと
Exploits as a Service EaaS  セキュリティ攻撃ツール、マルウェア
Hardware as a Service HaaS ハードウェア。IaaSとほぼ同じ
Infrastructure as a Service IaaS ハードウェアや通信環境など
Identity as a Service IDaaS アイデンティティ管理。OpenIDプロバイダーなど
Logging as a Service LaaS ログ集約
Mobile backend as a Service MBaaS BaaSでも特にモバイル アプリケーションでの利用を想定したもの
Platform as a Service PaaS アプリケーションの稼働基盤であるアプリケーションサーバやDBMS
Software as a Service SaaS  ソフトウェアや機能全般。おそらく一番有名。
Storage as a Service SaaS ストレージ
Tool as a Service TaaS 開発ツール

いろいろありますね。

もはや A to Z で無限にありそうです。

 

 

2.ベンダー系

次にベンダーやサービスプロバイダーの造語です。

RAP as a Service Microsoftが提供する環境整備のサービス
Query as a Web Service QaaWS SAPが提供する機能
Trend Micro Security as a Service Trend Microが提供するセキュリティサービス

 

オリジナリティある名前の「as a Service」はあまり見つからなかったですね。

おそらくもっといっぱいあるのでしょうが、このくらいにしておきましょう。

RAP as a Service を見つけた時には、Rap Genius のことだと勘違いしました。

 

 

 

3.OSS系

OSSをサービスとして提供するということみたいです。

Docker as a Service ? Docker
Elasticsearch as a Service ? Elasticsearch
MongoDB as a Service MongoDB
OpenStack as a Service OpenStack

 

これも、「OSS名 + as a Service 」でググればいくらでも出てきそうな勢いです。

インフラ系のソフトウェアって面白いですが、全部は触りきれないので、こういうところから触れていくのも良いかもしれませんね!

 

 

 

最後に、今回の記事を書くにあたっていろいろと調べていたのですが、

そもそも  「○○aaS ってどれだけあるの?」 という記事自体が、Worldwide にたくさんありました。被りまくりです。

世界中のみなさん、「あれ、なんか多くない?」と同じこと考えているようです。

 

似たような記事で面白かったものをご紹介します。

The World Of Everything-As-A-Service -Tech Crunch

食品業界が昔から実践しているセントラルキッチンの仕組みや、Uber のような Delivery-as-a-Service が出てきたことを述べて、専門的なスキルのアウトソースがいかに効率的かつ社会に影響を与えているかを述べています。

 

 

これからも、○○ as a Service という言い方は増えていくかもしれませんが、大きな流れとして当然かもしれないですね。

 

それでは、今回はここまでです。

次回もお楽しみに!

 

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

吉村

吉村

クララオンライン グローバルビジネスストラテジー部でマーケティング担当として働いています。 クラウド関連技術と中国関連の情報をお届けしてます。 たまに DJ とかします。日本語RAPが大好きです。