AWS Summit 2014 北京に行ってきました!

Merry Christmas!
クララオンライン中国の尹です。

先日北京で開催された「AWS Summit 2014 北京」に参加したので、そのレポートです!

2014年AWS技术峰会 http://www.awssummitbeijing.com/index.html

AWS(Amazon Web Services) Summitは、AWSユーザとAWS開発者に対しての技術会議です。無料で参加できるセミナーで、今年はヨーロッパ、北アメリカ、アジアなど合計で12回以上も開催されました。今回私が参加したのは、12月12日のイベントで、場所は国際ホテルの会議センターでした。

aws-sumit-beijing2014-1

 

朝の7時30分~9時までが受付時間で、私自身は8時ちょっと過ぎに会場に到着したのですが、もうすでに500人以上が入場している盛況ぶりでした。今回のAWS Summitに参加するために、上海や深圳など遠方から来場された方も多くいらっしゃいました。

aws-sumit-beijing2014-2

 

午前の9~11時までは、AWSの副社長兼CTO - Werner Vogels氏からAWSの製品、サービスや事例の紹介が行われました。また、サービスを導入している企業 4社から、実際にAWSを使用した結果や感想などを発表する時間も設けられました。

aws-sumit-beijing2014-3

クラウドは、IT系だけでなく、金融、生命科学、ゲームなど様々な業界でニーズがあります。AWSはインフラとサービスの方面で使いやすくて安全なサービスを提供しています。

AWSは常に新しい機能の開発や将来のイノベーションを目指しているそうです。このイノベーションの元となっているのは、お客様のニーズです。AWSはサービスを利用している顧客からのフィードバックをとても重視していて、実際にAWSの顧客から“こんな機能がほしい”“こんな処理能力やアクセススピードが必要だ”、といった様々な要求やフィードバックを受けています。この要求・フィードバックに基づいた開発が、新サービスや機能につながっています。より使いやすいインターフェースを提供するために、複雑な機能はサービスに内包するなどの対応もしているそうです。

また、現在のAWSの処理能力は、世界の大きなクラウド事業者 15社のサービスの5倍であり、個人ユーザにとっては使い切れないレベルだそうです。

技術面では、コンテナを使うことで安全に利用できるように設計されています。また、セキュリティ面では暗号化の方法を取っているので、セキュアな通信が可能です。

サービスの価格が安くなるにつれ、顧客数は増加しています。2006年から今までで、なんと計47回も値下げしたそうです。

aws-sumit-beijing2014-4

aws-sumit-beijing2014-5

 

AWSを導入している顧客からの意見も簡単にまとめてみます。

Glu Mobile
ゲーム開発会社。AWS上で運営している。1年前にアメリカでサービス展開したゲームをスムーズに中国でも展開できるようになった。多くのデータ量とアクセススピードが必要だったが、AWSを使うことで問題を解決できた。今は中国でもアメリカのように、アクセススピードが速くなった。

一加手机
世界各地でサービス展開をしちえるスタートアップ企業で、最初はインフラを社内で担当していた。だが、社員が少ない上の頻繁にトラブルが発生していたのでAWSを選択した。AWSにインフラを任せることで業務に集中できるようになった。

远景能源
インテリジェンス化管理ソフト(遠隔接続、遠隔管理、遠隔監視など)を開発し、使用している。社員数は少ないが、納品までのスピードは速い。AWSプラットフォームを使用することで、業務をスムーズに行えるようになった。

华大基因
生命科学の分野で、データ量が多いので処理能力の高いインフラが必要で、かつ世界各地にデータを転送する必要があったのでAWSを導入した。

 

午後のセミナーは、6つの会場に分かれて開催されました。セミナー会場に対して参加者が多すぎて、席に座れずに立ち見の人や床に座って話を聞く人もいました。そういう私も30分も前に会場に到着したのに、立ったままで午後を過ごしました。

aws-sumit-beijing2014-6

 

会場 1 – AWSクラウド製品紹介
会場 2 – AWSクラウドサービスアーキテクチャアドバンスト
会場 3 – AWSがビッグデータと高性能コンピューティングを管理する方法
会場 4 – AWSアーキテクチャエンタープライズクラウドを利用する方法
会場 5 – モバイルインターネットアプリ開発
会場 6 – AWSエコシステム

 

私が参加したのは、3番目の「ビッグデータと高性能コンピューティングの管理方法」でした。ここでは、AWSのビッグデータ関連のサービスを紹介しました。

aws-sumit-beijing2014-7

aws-sumit-beijing2014-8

aws-sumit-beijing2014-9

 

Amazon EC2Amazon S3Amazon KinesisAmazon Redshift などのサービスがビッグデータと高性能処理に利用されているサービスです。

AWSはオープンソースコミュニティと連携してApache Sparkを開発、使用しています。Apache SparkApache Hadoopを補完したビッグデータやストリームなどを分析、処理するフレームワークです。

Amazon Redshift は高速で完全マネージド型、ペタバイト(PB)規模のデータウェアハウスソリューションです。複数のノードへ振り分けることにより、高速化、効率化を改善しています。また、SSL暗号化によってデータを保護しています。

 

ネットワークが発展するに伴い、クラウドも発展しています。情報のデータ量が爆発的に増加している今、各企業、組織にとって、ビッグデータとデータ処理のスピードはとても重要な問題です。自分の業務に集中するために、自社でインフラ管理するのではなくクラウドを利用する傾向が強まっています。莫大なデータの収集、加工、処理、保存のためにクラウドサービスを選択することで、手間の削減・コストダウンができることは明白でしょう。

 
それでは、素敵なクリスマスを!!
 

また中国でイベントがあった際にはレポートしていこうと思います!

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

CLARA ONLINE 中国

CLARA ONLINE 中国