2014年の「インターネットと税金」のニュース

こんにちは。

グローバルソリューション事業部の吉村です。

 

早いもので2014年も残すところ、後僅か。

そしてもうすぐ衆院選ですね(※この記事は2014/12/05に書いています)。

 

この時期になると、2014年は、あんなこと  こんなこと があったと、ついつい振り返りをしてしまいます。

 

 

ということで

 

 

衆院選で消費税が1つの争点ということに絡めて、2014年の「インターネットと税金」に関するニュースをまとめようと思います。

 

 

 

ストレージに課税

 

「著作物等の適切な保護と利用・流通に関する小委員会」 -文化庁

http://www.bunka.go.jp/Chosakuken/singikai/hogoriyou/index.html

 

今年の夏頃に話題になりました。

著作権保護のためにクラウドのストレージに課税しようというというものです。

著作権なので主に音楽や動画といったデジタルコンテンツに関することですが、クラウドサービスプロバイダーや、

オンラインストレージサービス提供者には値上げといった影響が出たりしそうですね。

 

 

ちなみに、クララオンラインでは中国の著作権に関する勉強会を12/12(金)に行います!

中国でのデジタルコンテンツの著作権の話もありますので、ご興味ある方は是非ご参加ください。

CLARACAFE_20141212

 

これだけは知っておきたい!中国での著作権保護 / アジアのインフラ・SNS事情について

 

 

 

トラフィックに課税

 

「1GBにつき67円、ハンガリーの「インターネット税」法案に抗議デモ」  -INTERNET Watch

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/20141028_673293.html

 

今年の秋の記事ですね。

こちらはハンガリーに関する記事ですが、 デモが起きるのも仕方ない気がします。

成立すれば世界初のトラフィックに課税ということで世界中から注目を浴びています。

 

 

 

グローバルIT企業に課税

「ネット配信の書籍、海外企業にも消費税課税へ 財務省」 -朝日新聞 デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASG6V5442G6VULFA01C.html

今年の初夏の記事です。

むしろ今まで掛かっていなかったんですね。知りませんでした。

これは納得です。

 

「英国、25%の「グーグル税」を導入へ」 -wired

http://wired.jp/2014/12/04/autumn-statement-google-tax/

最近(冬)の記事です。

通称とはいえ、Google税ではいろいろ誤解を生みそうですね。

ヨーロッパの課税は先進的ですね。

 

 

 

果たして来年以降に実現するものはどのくらいあるのでしょうか。

 

インターネットユーザとしてもクラウドサービスプロバイダーとしても、知っておかないと、

気付かぬうちに今までのインターネットの常識が変わっていくかもしれないですね。

 

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

吉村

吉村

クララオンライン グローバルビジネスストラテジー部でマーケティング担当として働いています。 クラウド関連技術と中国関連の情報をお届けしてます。 たまに DJ とかします。日本語RAPが大好きです。