Ping チンタオ ~日中回線の遅延を測定する~

こんにちは、グローバルソリューション事業部の渡辺です。

 

今回は中国サイトへのアクセスを、PingとTracerouteで確認したいと思います。

 

送信元

  • クララオンライン(東京)
  • AWS(東京)
  • さくらのクラウド(北海道)
  • ニフティクラウド(東日本)

送信先

  • 阿里雲(チンタオ)

 

阿里雲は中国アリババグループの運営しているクラウドサービスです。

今回はチンタオビールで有名な山東省のチンタオ(青島)リージョンの仮想マシンを使いました。

 

Ping試験結果

2014年12月3日11時ごろにそれぞれ100発ずつ打ちました。

送信元 パケットロス率 最小応答時間 平均応答時間 最大応答時間 平均偏差応答時間
クララオンライン(東京) 8% 58.939 ms 63.807 ms 71.856 ms 2.784 ms
AWS(東京) 6% 93.337 ms 97.066 ms 105.674 ms 1.694 ms
さくらのクラウド(北海道) 13% 71.813 ms 98.285 ms 154.846 ms 27.971 ms
ニフティクラウド(東日本) 17% 61.995 ms 88.886 ms 143.876 ms 26.880 ms

どこからでもパケットロスがあるのが香ばしいですね。

 

クララオンラインからのpingは応答時間が小さく、いい感じです。

しかし、AWSも想像以上によく、ぶっちぎれなかったのが残念です。

 

クララオンラインからのTraceroute

次にクララオンラインからの経路を見てみましょう。

なんかTWGATE-IP.twgate.netというのがありますね。

クララオンラインは様々な業者からトランジットを購入しているのですが、その中の一つに台湾ゲートウェイTWGate があります。

TWGateは、中華電信という台湾の通信業者が運営しています。

 

TWGateのネットワークは下記のようになっているらしく、クララオンラインはJPIX経由で接続しています。

04

引用:https://twgate-jp.twgate.net/files/11-1005-143.php

こんな経路です。

クララオンライン(日本)~中華電信(台湾)~中国電信(中国)~中国国内へ

 

AWSからのTraceroute

次にAWSからの経路を見てみましょう。

 

こちらは辿ってみると、 以下のような経路でした。

KDDI~中国電信(中国)~中国国内へ

 

しかし、あれですね。

traceroute結果を見ると、中国ではまったくDNS逆引き設定されていないのがわかりますね。

日本の場合は、ote***とか大手町なんだろうなあーとかバレバレなんですが。

 

さくらのクラウドとニフティクラウドからのTraceroute

traceroute結果は省略しますが、辿ってみると、 以下のような経路でした。

NTT~中国電信(中国)~中国国内へ

 

まとめ

  • 日本から中国に入る時は、中国電信から入ることが多い。
  • クララオンラインとAWSの回線は中国への遅延が少ない。

 

今回はここまで。ではまた!

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

claraer

claraer