1月29日(木)開催!CROSS2015でインフラ運用トークします

こんにちは。寺尾です。

1月29日に開催される、『エンジニアサポートCROSS2015』というイベントをご存じでしょうか。

http://www.cross-party.com/

なんと1000名規模。国内最大級のWebエンジニアのイベントです!
今回で4回目となるCROSSですが、縁あってランチセッションを担当させていただくことになりました。

テーマは、『インフラ運用』です。Webエンジニアのイベントでインフラ運用というのも微妙な気がする人もいるかもしれませんが、最近はWebエンジニアがインフラ管理・運用まで手がけるという話がとても良く聞かれます。また、インフラエンジニアも、Webで何をやっているか、どのようなシステムが動いているかを把握しなければいけなくなりました。両者の垣根はドンドンと低くなってきています。

そんな中、『インフラエンジニアの睡眠時間を確保する方法 ~Infrastructure as Code時代のインフラ運用~』 と題して、インフラ管理をどうやって楽にするか、理想と現実、実際にいけてる仕組みなどを3社でディスカッションします。

パネラーには、インフラの運用をサービスとして提供している、ハートビーツ 技術統括責任者 馬場 俊彰氏クララオンラインの運用責任者の宇野 素史氏、また、Kompira・Virtual Operatorなどの運用自動化システムを開発・販売しているフィックスポイント 代表取締役 三角 正樹氏をお招きします。運用の実際の現場の話や、運用自動化システムの担えるポイントなどもお話しいただけると思います。

お弁当とお茶もご提供しますので、昼食がてらお立ち寄りください。お弁当は70食限定となってますのでお早めに!

チケット購入はこちら> http://cross2015.peatix.com/

■ランチセッション概要
1月29日13:00~13:50
インフラエンジニアの睡眠時間を確保する方法
~Infrastructure as Code時代のインフラ運用~

モデレータ:
株式会社クララオンライン ビジネス推進グループ 寺尾 英作氏
パネラ:
株式会社フィックスポイント 代表取締役 三角 正樹氏
株式会社ハートビーツ 技術統括責任者 馬場 俊彰氏
株式会社クララオンライン 運用チーム責任者 宇野 素史氏

■概要
Infrastructure as Code は、
単に設定を作業手順が全部コードになり作業が自動化されるだけではなく、
ワークフローを変えるほどのインパクトのある変革です。
さらに、人が行わないといけなかった24×365の運用作業も、人が行う必要が無くなってきます。

本セッションでは、 運用自動化システムの開発会社であるフィックスポイント社、
運用をサービスとして提供しているをしている事業者を2社お招きして、
Infrastructure as Code 時代のインフラ運用について考えていきます。

 

さて、その他の注目のセッションはと言うと

http://2015.cross-party.com/program

朝一の「女子大生UXデザイン概論」ですかね。

 

それでは。

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

吉村

吉村

クララオンライン グローバルビジネスストラテジー部でマーケティング担当として働いています。 クラウド関連技術と中国関連の情報をお届けしてます。 たまに DJ とかします。日本語RAPが大好きです。