中国出張で初体験!金盾の威力!~インターネット好きなあなたがまず準備すべきこと~前編

はじめまして、内勤メンバーの山崎と申します。

いきなり「内勤」とはこれいかに、という感じですが、普段は、マーケティング、アライアンス、サービス開発、BPR推進、社内向けインフラ運用(情シス)、システム開発、などなど、かなり幅広い業務に携わっていまして、そちらをアピールしつつ… そんな経験も踏まえ、多方面/多業務な内容で、今後、本ブログにエントリーしていけたらと思っています。

あわせて、そんな初心を忘れないように、毎回「内勤メンバーの山崎です」で登場しようと思います。

もう一つ、前置き話ですが、本ブログをよく見られている方は、「最近、更新頻度が下がっているなぁ」とお感じかもしれません… っといいますのも、本ブログがオープンしてから積極的にエントリー投稿をしていたメンバーが案件対応等で忙しく、その影響で、ここ最近のエントリー数が減ってきていました。

これではイカンということになり、来月より、私の所属する部署のメンバーも積極的に本ブログにエントリーしていく予定ですので、続々登場するニューブロガーのエントリーに是非ぜひご期待ください!

少々前置きが長くなりましたが、本題に入りたいと思います!

※ 以降は、少しフィクションも交えながら、できるだけノンフィクションで出張における『金盾の備え』について、お伝えできればと思います!


 

通りすがり時の天安門

通りすがり時の天安門

先月、入社7年目の私が、初出張初海外という機会をいただき、中国は北京のオフィスに行くことがありました。その際に経験した中国のネット事情についてお話をしたいと思います。

今回の出張では、成田発の便で北京へ向かうことになり、浜松町の本社から大門駅に向かい、成田空港行の電車に乗りました。

空港までの道中は、初出張のワクワク感もあり、同伴していた上司とも楽しく会話、しかし、途中、出張経験豊富な上司から「いやー中国はFacebookとかGoogleが使えないからなぁ~」という一言に事態は一変っ!

読者の中には、ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが補足をしますと、中国にはインターネットを規制するための検疫システム、通称「金盾」またの名を「Great Firewall」というものが存在し、思うようにネットサーフィンができないことが知られています。

詳しくは、Wikipediaをご参照ください。ref. 金盾 – Wikipedia

「金盾」について知ってはいたものの、普段はあまり意識をしていませんので、当然、そのための備えはなく、上司の一言により、ネット大好き、SNS大好きな私としては、”そのような環境に耐えられるのか”という急な不安に駆られ… 約1時間の車中でも、座っていたにも関わらず、おちおち昼寝もできない状態でした。(上司はグッスリお休みになられていました)

もちろん、そんな不安をかかえたまま手をこまねいているわけにはいきませんので、車中では、社用スマフォを手に取り、中国出張経験者(エンジニア)にメッセ!メッセ!メッセ!

実際、どのように対応していたのかをヒアリングしました。

また、ひざの上には私用のスマフォを置き、片手でメッセをしながら、もう片方では、Google検索、「中国 Facebook Google 使う」「中国 金盾 回避」などなど、とにかく、車中での1時間を情報収集に費やしました。

※ 誤解がないように補足をしますと、もちろん、FacebookやそのほかのSNSが使えないことを心配したのではなく、お仕事でGoogle検索ができないことを心配してのことでした!

ある程度情報が集められ、出国までにやるべきことは、「プロキシ(VPN)サーバの調達っ!」という少々大き目なタスクであることがわかりました。

っが、対策を絞ったところでタイムアップ…
車中から外を見るとそこには「成田」の文字…

フライトまでの残り時間は僅かです。ラウンジにて、出国直前の快適な日本のインターネット回線を堪能しつつ、お仕事をしながらの~、「プロキシ(VPN)サーバの準備」というのは、少々難あり、これまた一仕事です。

途方に暮れているところに救世主のごとく現れたのがっ!当社の素敵な…

少々長くなりましたので、続きはまた後程

 

 

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

山崎隼人