Cloud Gateway 12月前半トピックまとめ!

にーはお!クララの中国ニュース案内人、フェイフェイです。
クララが運営するCloudGatewayでは、日本ではなかなか報道されない中国やアジアのクラウドサービスに関するニュースを中心に配信しています。

中国の冬の恒例、大気汚染。今年もひどいみたいですねー。学校は休みになっても会社は休みになりません!どこの大人も辛いですねー。はい、では「12月前半のトピック」でーす。

◆河南省の光回線化が完了(12/2)
http://www.cloudgateway.asia/2015/12/ct-henan/
中国では全国的に光回線への転換を進めているのですが、河南省がいち早く完了を宣言。住民のためというよりは、政府や産業の発展に利用するためですね。
◆日中韓の携帯会社が五輪で5G試験サービス提供か(12/7)
http://www.cloudgateway.asia/2015/12/5g-2/
日中韓それぞれの国でオリンピックが開かれる予定があるので、確かにちょうどいいタイミング。詳細は明らかになっていませんが、この3社が5Gをリードしていくんでしょうか。
◆「.中国」ドメインの登録数が一転増加へ(12/9)
http://www.cloudgateway.asia/2015/12/cndomain1511/
当局の取り締まりでサイトがいっぺんに閉鎖された結果ドメイン数が減ったり、このドメインが始まった当初に値上がりを期待してやみくもに登録しまくったドメイン転売ヤ―たちが売れ残ったドメインを更新しなかったから減ったり。11月はわずかながら増加ですが今後急増することはないでしょう。
◆華為:ストレージで世界トップ3目指すと宣言(12/10)
http://www.cloudgateway.asia/2015/12/huawei-st/
ちなみに現在の世界シェアは3.3%・・・・夢は大きい方がいいですからね。
◆新「地図管理条例」発表、データは国内保管必須に(12/15)
http://www.cloudgateway.asia/2015/12/mapdata/
20年も改正されていなかった「地図管理条例」が、ついに見直しに。デジタル地図データの取り扱いに関する内容が追加されました。インターネットで地図データを提供する会社に、サーバーを国内に置くよう求めているのは、国家のセキュリティ上のアレなのはもちろんですが、国内のデータセンターを使ってもらえれば内需拡大になる上に、何かあっても確実に当局が追跡、処分できるというアレでしょうか。

今日はクリスマスですね!クララは今日で仕事おさめです!また年始に会いましょう。じゃね。

 

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

クララスタッフ

クララスタッフ