Cloud Gateway 4月後半トピックまとめ!

にーはお!クララの中国ニュース案内人、フェイフェイです。
クララが運営するCloudGatewayでは、日本ではなかなか報道されない中国やアジアのクラウドサービスに関するニュースを中心に配信しています。

ゴールデンウィークが終わったなんて、、、、信じられない、、、、ぶるぶる。
早い会社はあと1カ月もすれば夏のボーナスですね。前を向いて生きましょう。
では4月後半のニュースいってみよ。

◆阿里巴巴:東南アジアEC大手の株式取得(4/18)
http://www.cloudgateway.asia/2016/04/ali-lazada/
東南アジア圏への進出をさらに一歩進めてきましたね。そのうち中国と同じように、支付宝(Alipay)がどんな場面でも使えるようになるのでは?中華系住民は天猫の国際配送サービスも使っているようですが、LAZADAでさらに便利になりそうです。
◆分享通信がナイジェリアの通信企業を買収へ(4/19)
http://www.cloudgateway.asia/2016/04/soshare/
まだ買収作業は完了していませんが、民間通信会社が海外の通信会社を買収するのは初めてとのこと(中国電信や中国聯通はよくやっています)。通信分野の海外進出は政府も後押ししていて、基地局などの通信設備の輸出にも積極的なのでアフリカ市場の開拓は今後も増えると思います。
◆DCの過剰な生産能力に懸念(4/20)
http://www.cloudgateway.asia/2016/04/cnclouddc/
どれだけ新しいDC作るんだよ!!とは思っていましたが、やっぱり過剰ですか。政府にも国民にもアピールできる見た目にわかりやすい投資が好きなので、しょうがないのでは。過剰設備のオンボロ鉄工所や化学工場は取り壊すしかないですが、DCなら余ったエリアを野菜工場にでもすればいいじゃないですか、食糧足りないんだし。
◆京東の「白条」サービスで消費が2倍に(4/25)
http://www.cloudgateway.asia/2016/04/jd-baitiao/
ショッピングローンを用意したら、ローンを使う人の買い物金額が以前の倍になったという話題。家電量販店の店頭でも同じようなショッピングローン(クレジットカードの分割払いとは違うもの)が登場しているのですが、店内の専用窓口で申請すると、数十分の審査ですぐに手続き完了だそう。なんだかんだ言っても、引き続き消費意欲は旺盛なんじゃないでしょうか。
◆阿里巴巴のエコロジー物流、まずは宅配コンテナに(4/26)
http://www.cloudgateway.asia/2016/04/alibaba-cainiao/
ダンボール箱をやめて繰り返し使えるプラスチック製のコンテナで配送します、という取り組み。中国では宅配便の受け取り時に、その場で箱を開けて中身が壊れていないか、モノが足りてるのかをちゃんと確認してから受け取りサインをするのが普通なので、どうせすぐ箱を開けるのだから近距離配送ならコンテナで持ってきて、商品だけ受け取ればいいですよね。自社配送をしている京東や蘇寧にも同様の取り組みが広がると思います。

次回は5月末にお届けしますので、お楽しみに!

 

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

フェイフェイ

フェイフェイ